井上芳雄ミュージカル界のプリンスからキングに昇格?出演作品は?

スポンサーリンク
男性俳優

井上芳雄さんと言えば、世間では「ミュージカル界のプリンス」と呼ばれ、

ミュージカルを中心に第一線で活躍されている人気俳優さんで、

その人気ぶりは楽屋の出待ちで「プリンスロード」と呼ばれる行列ができる程、

そのプリンスがキングに?・・・ちょっと気になり調べてみることにしました。

スポンサーリンク

井上芳雄のプロフィール

本名: 井上芳雄
生年月日: 1979年7月6日
出生地:福岡県福岡市
身長: 182cm
血液型: A型
職業: 俳優・歌手
ジャンル: ミュージカル・テレビドラマ・映画
活動期間: 2000年 –
配偶者: 知念里奈
事務所: グランアーツ

プリンスからキングに?

ずっと「ミュージカル界のプリンス」と呼ばれていた井上芳雄さん、

2019年3月11日放送の日本テレビ系バラエティ番組【しゃべくり007】の

予告タイトルで「ミュージカル界のキング」と紹介されています。

あれ?プリンスじゃなかったっけ?

と思い色々検索してみると、

ご本人がlivedoor’NEWSのインタビューで”プリンス”と呼ばれることについての質問に

”「一体いつまでプリンスなのか」と最近よく言われるんです。プリンスといってもキャッチコピーみたいなものですよね。最近はバラエティに出ると「プリンスです」と言うだけで笑いが起きるので、ありがたいなと思いますよ。でも、これも個性のひとつと思っています。普段はプリンスでも何でもないですけどね。”

と答えており、更に他にも「ミュージカル界のプリンス」と呼ばれる俳優が増えてきた事に対する質問に

”石丸(幹二)さんも、劇団四季時代はプリンスと呼ばれていたけれど、あれくらいのキャリアになると最近は、もう呼ばれないのかな? 浦井(健治)くんも(山崎)育三郎もまだまだプリンスでしょう。そう思うと、39歳の僕や光一(堂本光一)くんがプリンス界では最年長なのかもしれない。”

とそろそろ”プリンス”と呼ばれるにはキャリアと年齢がその時期を過ぎてきた事を匂わせる発言をされていました。

確かにもう”プリンス”ではなく”キング”と呼んだ方がにふさわしく、

大御所になりつつあるので番組予告でそう紹介したのでしょう。

出演作品とテレビの出演は?

ミュージカルでは

「グレート・ギャツビー」,「エリザベート」,「キャンディード」,
「ミス・サイゴン」,「モーツァルト!」他

舞台では
「1984」,「謎の変奏曲」,「星の王子さま」,「ナイスガイ in ニューヨーク」,
「冬眠する熊に添い寝してごらん」,「ハムレット」,「組曲虐殺」他

映画では
「宇宙兄弟」,「おのぼり物語」,「夢のまにまに」,「ハミングライフ」

等に出演

ほかテレビドラマにも幾つか出演コンサートも行っているようです。

テレビではBS-TBSの『美しい日本に出会う旅』(毎週水曜21:00)に

出演されているようです。

毒舌

井上さんは最近バラエティ番組のゲスト出演でのトークで毒舌ぶりに注目を集めています。

例えば

「山崎育三郎が出ている番組を見るとテレビを消す」

とか

「有望な若手は大嫌い」

等の発言をし毒舌ぶりを発揮してますが、

ご本人も色々気を遣っているようで

「ここくらいまではいいかな」とか、「むしろ出したほうがいいかな」

とかその場の雰囲気を考えているようで、

「けっこう、毒舌は毒舌で、大変です。」

とコメントされてます。

しかし

「最近、しゃべる機会が多くなってちょっと話を盛りたくなってきているので、
ちゃんと自制心を持ってやらないと、と思っています。日々訓練ですね。」

ともおっしゃており気遣いの方も感じられます。

 

そんな魅力満載の井上芳雄さんバラエティでのトークでも新たな分野の活躍で

楽しませてくれていますね、これからも注目したいと思います。

コメント