八代亜紀の現在の活動は?ジャズ歌手?画家?気になるご家族は?

スポンサーリンク
女性歌手

八代亜紀さんと言えば数々のヒット曲を飛ばした演歌の女王、

特に「舟唄」と「雨の慕情」を発表したころは歌番組も盛んに放送されており、

両曲ともに大ヒット、テレビでその歌を聴くことも多く、その存在感を世間に知らしめていました。

そんな八代亜紀さん、最近テレビであまり見かけない気がしますが(私がたまたま見かけないだけかもしれませんが)、

現在の活動が気になりちょっと調べてみることにしました。

スポンサーリンク

八代亜紀さんのプロフィール

本名: 増田 明代(旧姓:橋本)
生年月日 :1950年8月29日
出身地:熊本県八代市
ジャンル: 演歌、歌謡曲、ジャズ
職業 :歌手、女優、画家
活動期間 1971年 –
所属事務所: ミリオン企画

芸名の”八代”は出身地の八代市に由来しており、

八代さんは子供の頃から歌好きで、地元のコンクールにも出場していたそうです。

八代さんはそのハスキーボイスがとても魅力ですが当時は多少のコンプレックスを持っていたそうです。

それが、小学5年生の時に聴いたジュリー・ロンドンの歌声に勇気をもらいクラブ歌手になることを夢見るようになったとの事。

中学卒業後に地元のバス会社でバスガイドとして一度勤務したそうですが、

夢をあきらめきれず15歳の時父親の反対を押し切り上京し銀座のクラブ歌手として歌手生活をスタートさせたそうです。

現在の活動は?

そんな八代亜紀さん1971年に「愛は死んでも」でデビュー、

1973年に「なみだ恋」で120万枚の大ヒットをとばし、その後も数々のヒット曲を連発していましたが最近はどうしているのでしょう?

歌番組が以前より減少したせいもあり、以前ほどテレビでの露出は少なくなったものの、

ちょくちょくバラエティ番組に出演されたり、ラジオでは、

ラジオ日本 『ムーンラウンジ846』毎週月曜日 23:15〜23:30

にレギュラー出演されています。

その他年数回のコンサートも行っているご様子です。

近年では演歌歌手にはとどまらず、ジャズ歌手としても活躍されているようで、

2012年には、ジャズアルバム「夜のアルバム」を発売し、日本人アルバム最大級となる世界75ヶ国での配信、大ヒット、

2013年3月にはニューヨークの老舗ジャズクラブ「Birdland」でライブを行い、

同年8月にその時のライブ盤アルバム「夢の夜 八代亜紀ライブ・イン・ニューヨーク」も発売さえたとの事。

聴いてみましたが八代さんの歌がジャズにマッチしていてとても素敵でした。

画家としても大活躍!

また、八代さんは近年は画家としても活躍されているようで、

世界のプロ芸術家の登竜門とも言われる世界最古の美術展、フランスの「ル・サロン」で5年連続入選を果たし永久会員となられたとの事、

また、個展も開いたりしているようで、腕前の方はかなりなものとの事です。

ご家族は?

八代さんは40過ぎで当時のマネージャーの増田登さんと結婚されています。

詳しい日付は公表されてなく分かりませんが、その馴れ初めは、八代さんのお父様が生前に

「亜紀、そばにいる人、いた方がいいよ」

と八代さんにアドバイスして、マネージャーとの結婚を勧めてきたとの事、

それで八代さんがマネージャーとの結婚を意識するようになり、八代さんから

「私がお嫁さんになってあげる」

とプロポーズしたそうです。

ただ、八代さんの話によると、

「お嫁さんになってあげる」って言っても、ひと月ほど「ダメダメ」と逃げとの事、

その理由は

「僕、マネージャーですからダメですダメです」という事だったとの事。

それでも八代さんは「お嫁さんになってあげる」と言って、結婚したとの事です。

因みにお子さんはいらっしゃらないようです。

 

今回調べてみて舟唄を歌っていた時の八代さんがまだ20代であったことに驚きました、当時とても色っぽく落ち着いており30半ばかと思ってました(当時からとても美人でしたが)。

現在も絵画にジャズに大活躍されていることも分かりうれしく思います。

これからも応援したいと思います。

コメント