長嶋茂雄の現在の健康状態(病状)は?療養型病院に入院中?

スポンサーリンク
スポーツ

今年、原辰徳監督が復帰し、東京読売ジャイアンツが5年ぶりに見事リーグ優勝を果たしましたね。

原監督が復帰してすぐの優勝、さすが名将と敬服します。

その優勝の時から球団を通じてですが、長嶋茂雄終身名誉監督のコメントが頻繁に発せられていました、しかしご本人の姿と生の声が見聞きできず状況が気になっておりましたが、先日の阿部慎之助選手の引退試合に久し振りにお姿を拝見することが出来て感動いたしました。

実際のところ現在のご様子はどうなのか気になり調べてみることにしました。

長嶋茂雄終身名誉監督のご様子は?

長嶋茂雄終身名誉監督は2004年に脳梗塞で倒れました。

突然の話だったのでそのニュースを聞いた時のとても驚いを今でも覚えてます。

その時、もしかしたらもう元気な姿は見れないかもと心配しましたが、長嶋終身名誉監督のリハビリを経て公の場に再び姿を見せてくれたときはとてもうれしく思いました。

その後もたびたび試合観戦などでメディアに姿を現してましたが、2018年7月に胆石による黄疸で緊急入院、胆石の手術は無事に済みましたが、その手術後から長嶋終身名誉監督が公の場に姿を見せることはあまりなくなりました、そして、現在は東京の郊外にある療養型病院に入院されているようです。

現在の病状については詳しい事はわかりませんでしたが、阿部選手の引退試合に訪れたお姿を拝見すると昨年の入院の原因でリハビリ(運動)が減ったのか、お歳のせいか以前よりだいぶ足の方が弱っている様に思えたの以外は私が懸念していたよりお元気そうでした(原監督と阿部選手に迎えられた動画をみた時は久しぶりのミスターの姿に感動して涙がでそうでした)。

療養型病院とは?

長嶋茂雄終身名誉監督も入院する療養型病院とはどのような病院でしょう?

急性期治療が終了し病状がある程度安定している慢性期の患者が引き続き医療的ケアや病院での療養が必要な患者が医師の管理下の元で看護、介護、リハビリなどをある程度長期にわたり入院する病院です。

一般的な老人ホームと大きく違うところは、運営が医療法人か地方自治体しか運営できず医療機関であるという事。

そのため医療保険が適用され、また一般の老人ホームのように多額の一時金が必要なく費用安く済み、医療機関という事もあり医療のケアが充実しています。

ただし、医療ケア以外のサービスを充実させるとその分コストが増すので高額にもなります。

長嶋茂雄終身名誉監督が入院している病院はもともと豪華な病室を完備されていて、長嶋茂雄終身名誉監督が入院されているのはその中でも特別な個室との事、費用は月に100万円以上とのこと、まぁ、長嶋茂雄終身名誉監督程の方だと当たり前でしょうが。

長嶋終身名誉監督の姿をメディアで拝見するたびに何となく元気をもらいます、これからもお元気でいてほしいですね。

コメント