ホワイト国とは?簡単に言うと・・・徴用工訴訟問題で政府が韓国を除外

スポンサーリンク
時事

韓国との徴用工訴訟問題のニュースをを読んでいたら、”「ホワイト国」から韓国を除外する”という一文を目にした、”ホワイト国”、聞いたことはあるけど政治に疎い私はその意味をはっきりとは知らず調べてみました。

ホワイト国とは?簡単に言うと

海外への貨物の輸出また技術の提供をする際に「輸出貿易管理令」という武器の開発につながる恐れがあるものを規制する政令で輸出品目や輸出先が規制されており、輸出国により規制の緩急があります。

ホワイト国とは世界平和を脅かす貨物を出さず武器管理が徹底されていると日本政府が認めた国で輸出の規制が緩やかになる国の事です。

2019年6月30日現在でホワイト国は

ヨーロッパ
・オーストラリア
・ベルギー
・ブルガリア
・イギリス
・デンマーク
・フィンランド
・フランス
・ドイツ
・チェコ
・ギリシャ
・ハンガリー
・アイルランド
・イタリア
・ルクセンブルグ
・オランダ
・ノルウェー
・ポーランド
・ポルトガル
・スペイン
・スウェーデン
・スイス

北米
・アメリカ合衆国
・カナダ

オセアニア
・オーストラリア
・ニュージーランド

南米
・アルゼンチン

アジア
・韓国

以上の27ヶ国となります。

(もっと詳しくはこちらでお願いします)

ホワイト国以外は?

ホワイト国以外には、国連武器禁輸国また懸念国があり、それ以外は非ホワイト国となります。

武器輸出禁止国
・アフガニスタン
・コンゴ民主共和国
・コートジボワール
・エリトリア
・イラク
・レバノン
・リビア
・北朝鮮
・ソマリア
・スーダン

懸念国
・北朝鮮
・イラン
・イラク

韓国をホワイト国から除外

韓国は平成16年からホワイト国に指定されているが、今回除外されるとアジアでのホワイト国が無くなってしまいますね。

それほどアジアには安全面で信用のない国ばかりというのも悲しい話です。

また韓国も日韓請求権協定第二条で

”一方の締約国及びその国民の他方の締約国及びその国民に対するすべての請求権であつて同日以前に生じた事由に基づくものに関しては、いかなる主張もすることができないものとする。”

このような取り決めがあり徴用工訴訟の結果について何も手を打たない韓国政府はちょっとどうなのかと思う。

個人個人はいい人もいるのに残念だな。

コメント