ゲノム編集とは?簡単に言うと、その技術でエイズ治療に期待。

スポンサーリンク

抗ウイルス薬とゲノム編集でHIV除去というニュースを見てその研究に期待するとともに、ゲノム編集とはなにか?恥ずかしながら良く知らなかったので調べました。

ゲノム編集を簡単に言うと。

DNAにおいて除去したい遺伝子(例えば成長を妨げる遺伝子や病気にかかりやすい遺伝子など)を人口ヌクレアーゼという酵素を使用して除去し、その機能を失わせたり、また、その部分に別の遺伝子を挿入し新たな機能を持たせる事。

イメージ的にこんな感じです。

この方法を用いて、例えば筋肉量を決めている遺伝子を壊し肉厚な魚に成長させたり、熟成を遅らせて長持ちする野菜を作ったりもできます。

HIV除去、エイズ治療に期待

今回私が”ゲノム編集”って何か調べるきっかけになった記事によると、アメリカの大学チームがエイズウィルスに感染したマウスから、免疫細胞に組み込まれたHIVのDNAの除去に成功したとの事、約3割のマウスから除去出来たらしく、今後技術を改善し霊長類の実験を経て人での臨床試験を目指すらしい。

一般にその治療が開始されるのはまだまだ先であろう。

私の高校時代の友人(そんなに親しくなく現在は付き合いはないけど)もエイズ感染していた。

その友達が生きているうちに何とかこのエイズ治療が一般化されることを願うところであります。

コメント